2011年05月26日

そういえば、

あのAKI○Aが張羽ッ道で映画化だそうで…
マジで止めんか!!
悪いんだけどマジでやめて欲しい…。
毎回漫画やゲームの映画化で散々失敗してるのに…。

大体、張羽ッ道にあの作品の昭和臭が再現できるわけないだろ!!

ブレードラン○ーが出来たあの頃なら出来たかもしれん。


とうそう、
映画の婆○羅大谷さんの死亡フラグがプンプンするぜぇ!
映画の為にいつもの3割り増し包帯まいてるのがマジ献身的!
でも天海様とのセットはしょぼいな…やっぱり毛利じゃないと。

posted by 徳蔵 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

ちょっとピ○ヘッドに会って来る!

最近ストレスが溜まってるのか、どうなのか、
やたらとグロかったり、エグイやつを見たり、読みたかったりする。
疲れてるのかアタシ。
本とかは実際に起こった歴史的事件事故、猟奇事件簿などを読み
漁りました。(フィクションよりノンフィクション派なので)
現実は小説より奇なり。

読むのも飽きたので、そうだ!DVDを見よう!
丁度近所のレンタル店が百円サービスやってまして、
こりゃイイや!とばかりにレンタルしまくりました。

借りたのは

トランスフォーマー
トランスフォーマーリベンジ
パンズラビリンス
GOEMON
ゾディアック
ヘルレイザー ヘルワールド
ヘルレイザー リターン・オブ・ナイトメア

…お前って奴ぁ。
実は昔からヘルレイザーをずっと見たかったんですが
なかなか踏ん切りがつかなくて、
ホラーだし、でも思ったより終始スプラッタでは無かったので
ちゃんと見れました。
現実と幻、苦痛と快楽が紙一重で表現されてて面白かったです。
ヘルレザーシリーズは現在で七作まであるそうで、
今度まとめて見たいです。

ヘルレイザーと言えばピンヘッド、ピンヘッドと言えば
ヘルレイザー!みたいにすっかりヘルレザーの顔ですが
他の魔道士も忘れないでください…。

彼らは皆ボンテージに身を包んだお洒落さんです。
そこら辺が他のホラーの敵役さんと違いますよね!
(エルム街の悪夢、13日の金曜日とか)
物語の鍵となるパズルボックスですが、
球体や箱と言うのはヨーロッパで古くから使われていた
アレゴリーです。
考え方によっては共に隙間無く密封された一つの完全体、
世界の象徴でもあります。
割らなければ中に何が在るか判らないと言うのも興味が
そそられますよね。

魔道士曰く
「招かれざれる者」である彼らは常にパズルボックスが
開かれるのを待つ待ち人であり、扉の向こうに鍵を投げ入れて
囚人が扉を開けるのを今かと待ち構えてる処刑人なのかも知れない。

ちょっとずれるけど、こっちが招かないと敷居入れない幽霊と似てる。
posted by 徳蔵 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

昔の怪獣映画はイイ!!

やっとこさ人並みの生活を送れそうな徳蔵です。
昨日まで財布の中身が恐ろしくて
見ることも出来ないレベルでした。
予想外の出費が多すぎた先月…。
もっと計画的な生活を送りたい。

テレビで「ゴジラ対キングコング」がやってたので
昔の怪獣映画が好きなので最後まで観戦。
やっぱりいいな、ゴジラは。
確かゴジラシリーズ3作目だった。
セットとか予算ギリギリでやってる所為で所々が微笑ましい
のはご愛嬌。ミニチュア模型がいい味出してる。
最近のはCGに頼っててイマイチなんだよな。
なに見ても同じというか。

もう日本中でゴジラ警報が常識なのは素敵だ。
その内ガメラ警報、ラドン警報、
キングキドラ警報に発展するんですね。わかります。

ゴジラはやっぱり初代が神作品なのであれを超えるのは難しい
んだろうな。音楽も神がかってる!!
posted by 徳蔵 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

これは、あんまりだ…。

なんかメリケンがDBを実写化!!とニュースになり、
主人公役があんまりなやっつけ設定でどうなる事やら
お蔵入りしてくれる事を切に願っていたのですが、

残念ながら神龍は願いを訊き遂げてくれませんでした。(´・ω・`)

ストーリーは勿論キャラも全くの別物で、これDBの意味あるの?
鳥山先生もオンラインゲームで嫌って言ったんだから、
断ればいいのに…。
更に今回敵役ピッコロ役の画像が紹介されました。

誰だよ…。

こんな紫の胴着でも無い、触角も無い極めつけ緑色じゃない
ピッコロなんてピッコロじゃねぇぇ!!

一瞬マグニート様(XーMEN敵キャラ磁力を操る)かと思ったわ!!
こんなピッコロさんは認めねぇぇからな!!!

鉄拳の実写が頓挫して、本当に良かった…。。・゚・(ノД`)・゚・。
posted by 徳蔵 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

役者って凄い

今日放送のヒットラー最後の12日間を見たわけですよ。
おおおっ役者さん凄い、
ヒムラーにシュペーアーやカイテルそっくり!!
よく似た役者さん集めた!
ヒットラーよっぽど研究したんだな、と関心
神経質そうなところがいい演技!
実はヒットラー役の人は
あのベルリン天使の詩の天使ダニエルを演じてた人なんですね。

つくづく役者さんて奴は魔法が使えるように
変われるんだなぁと思います。

地下の防空壕で静かに迫りる絶望と敗北。
ある者は生き延びる道を、ある者は総統と共に命を絶つ者も
やるせない中酒を呷り絶望を紛らわそうと浮かれ騒ぐ将校達。
実際どんな気持ちになるか推測しか出来ないけど、
きっと恐ろしくてまともに考えられないんじゃないかと思うんだ。
ゲッペルスの子供たちは本当に可哀想だ。

posted by 徳蔵 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

化猫最終回

モノノ怪最終回ニコニコで早速見ました。
ネタバレはしない主義なんで書きませんが、
御札大サービスだった。

結局剣を開放した薬売りと開放してない薬売りは
同一人物でいいのかな?

海坊主の回じゃ開放前が解放後に鏡手渡してるし、
いつも背中合わせで登場するのも不思議だし。
顔の模様が消えて背中の眼が閉じるのもいっつも不思議に思います。
公式サイト行っても謎が謎を呼ぶよ。

しかし動画で見るのじゃ我慢できないので、
密林で買っちゃった!
相変わらず思い立ったら行動の早い徳蔵さん。
前作の化猫も欲しい。


買うか…。
posted by 徳蔵 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

毎回神!

あっアニメのモノノ怪の話です。
繰り返し最初から見てます。
初めはめんどくさくて飛ばしてた←超失礼!)OPもちゃんと見てるよ!

座敷童子」の回で遊女が堕胎させられるシーンがありましたが、
アレは怖かった。
実際お勤めに励んで不幸にも孕んでしまった遊女は最初は薬で堕すんだそうだ、
伊勢白粉(別名 女人高野)とゆう薬を使ったんだって、
原材料は主に水銀どす。
……恐ろしい。
但し孕んだ遊女が太夫などの上位ランクの遊女の場合子供を生む事を許可される事が稀にあるそうです。
男の子なら里子に出し、女の子で見込みがあれば遊女として突き出し←最初から太夫)として教育されるらしい。


あと座敷童子が身に着けてる前掛け←アレなんつうの?)から伸びていた赤い帯ははもしかして臍の緒なのかしら?
だとしたらなんとゆうセンス!!
部屋の中とか風景とかいちいちカッコイイ!!

化け猫」では文明開化してましたね。
あれ?江戸じゃなくて帝都!?
でも薬売りはそのまま!!時をかける薬売り!!
むちゃくちゃ浮きまくってるって、そりゃチンドン屋に間違われるわ。←今時の子知ってるかな?)

前作と同じじゃないだろうとは思ってましたが、
まさか時を越えるとは!!
次回マジで期待!

posted by 徳蔵 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

また地震!?

安部総理の辞任より個人的にインドネシアでまた
(M)7.9の大きな地震があったですよ!
津波が当然来ると思われ、犠牲者がどれほどになるかまだ不明。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/indonesia/?1189597289
現地大丈夫か!?


映画「パプリカ」観ました。
かんなり面白かった。
何処までが夢で何処までが現実なのか、
観ている側も一緒に映画の中に引きづり混まれる感覚が新鮮。
作画も良かったし平沢進の音楽と見事にマッチして良かった。
そういや徳蔵もかなり夢見てないなぁ。
今日なんか起きたの16時なんですが、←寝すぎだろう!)
爆睡しまくりで夢は見れてません。
明日は仕事なんで頑張るぞ!
posted by 徳蔵 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

ヤバイ、買いそう。

!ずっと欲しかった映画「ノスフェラトウ」を購入検討中。
だって欲しいんだ。
クリストファー・リーの「吸血鬼ドラキュラ」も捨てがたいんだけど…。ベラルゴシでも良い!(*´Д`)ハァハァ


DVDパッケージのデザインがカッコ良くて痺れるぜ!
ノスフェラトウは吸血鬼とゆうより、アタシ的には夜の悪霊てイメージです。
吸血鬼って言っても色々あるしな。
死とか、厄病の化身て感じ。
モノクロがまたいい味出してるなぁ!!

また蔦屋行ってDVD借りたいな、吸血鬼ホラーをしこたま見たい。
ノンフィクションドキュメントでもいい!

そういや、明日テレビでニュルンベルク裁判のドキュメントドラマやるぜよ!
ビデオ入れなきゃ!!

ヨ〜〜〜ロレイヒ〜〜〜〜。
posted by 徳蔵 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(3) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

スカルマン最終話

スカルマン最終話をやっと見れました。
いやーーーーーー。
なんつうか、吃驚した。
まさか最後の最後で若本ボイスが聞けるなんて!

なんて事だ!バカァなぁぁぁぁぁっ!!!

原作もコミックも実写ドラマも見たけどまさかあんなラストだとは!!
予想外デス。

て事は00ナンバーの前には0ナンバーシリーズがあって、ボグートは先輩になるんですね!
て事は此処より永久にで首が捥げるのか…。
道理でガモ博士が若かった訳だよ、負けたよ、完敗だよ。

霧子が抱いてた赤ん坊はもしかして、ジョーたんですか!?
謎が謎を呼ぶ最終回でした。

posted by 徳蔵 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

スカルマン始まる!

日本、アメリカの立て籠もり事件が決着し、
またもや犠牲者がでてしまいました。
双方とも動機がよく解らないのですが、おいおい判明すればいい。



故石ノ森先生の「スカルマン」がアニメ化しますぞ!
今夜フジテレビでも序章がオンエァ。
コミックは島本版の「スカルマン」が連載されましたが、
全くの別物でいまからウフフものです。

ギルがメッシュ」みたいに全くの別モンなのはかんべんな。
posted by 徳蔵 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

A・ホプキンス大好き!!

仕事でちょっと後ろ向きな気持ちループになったので
レンタル店でA・ホプキンス主演「レッドドラゴン」をかりてみる。
このシリーズのレクター博士の何ともいえない魅力に惹かれてるアタシは変なのか!?
ホプキンスの演技の賜物でありますが、あの独房での対面は
ほんと迫力あります。
暗い淵えと引き込まれてしまいそうな危うさがニーチェの格言とピッタリです。
怪物と闘う者は、みずからも怪物とならぬように心せよ。
なんじがひさしく深淵を見入るとき。怪物もまたなんじを見入るのである

善悪の彼岸

実は昔にもう一つの「レッドドラゴン レクター博士の沈黙」を見たのですが、
こっちは結構見ずらかったなぁ、メインの部分は変わってないんですが、映像の不陰気とかカメラのアングルとか見辛かったなぁ。
今回は犯人側も明らかにされててよかった。
ブレイクの絵は私も大好きなので絵が一杯出てきて嬉しい!

今度は「サイコ」でも借りようか、「ダイヤルM」もいいな。
posted by 徳蔵 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

アナスイ凄い!!

秋葉さんと京都行ってきました。
まずは阪急でアナスイコーナーを見て来ましたよ。
すげえなアナスイ。
ちょっと前まで自分たちには縁の無い世界だと思っていたんですが、
ローゼンにハマってからやたらとこうゆう世界にトキメイテしょうがないんです。有難う!ローゼン閣下(麻生)!!
アナのコンパクトミラーは可愛いと本気で思うってしまう自分に吃驚だ!

その後亜細亜雑貨のお店で骨董品の鏡台を買いました。
重くて持って帰るのに一苦労だった。

晩御飯にモスに入ったのですが、今やってる、ご飯入りミネストローネが美味でうまうまでしたよ!!

モスフィッシュバーガーマクドフィレオフィッシュの味の違いはどう違うんだろう?
と常々疑問でしたが、
あれだモス=鱈マクド=太刀魚って感じだな。
まぁマクドは深海魚使ってるってがあるんだが…。


そういやブラックダリヤ事件が映画になるそうな、←(注意!ショッキングな内容、表現があります!)
マジすか?事件ファンの方は説明不要だと思いますが簡単なあらすじおば、
第二次大戦後のもっとも有名な未解決殺人事件の一つ、
ブラックダリヤ事件」当時アメリカハリウッド付近で一人の惨殺死体が見つかった。
被害者はエリザベス・ショート
ハリウッド女優志願だった彼女は軍人が集まるカフェで働いていた。
素晴しい美貌、美しい黒髪、漆黒のドレス。当時流行っていた映画にちなんで彼女はこう呼ばれた「ブラックダリア」と。

女優を夢見て田舎から出てきた彼女は変わり果てた姿で紙面を飾る事となる、丁寧に血抜きされ、胴体を真っ二つに切断された無残な姿で。
当時はその残虐性、異常性が注目されたが犯人は未だ捕まっていない

まぁ、切り裂きジャックが何度も映画になるくらいなんで、有りかなぁとは思いますが、どんな映画になるのかちょっと気になる。
posted by 徳蔵 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

レンタルしちまいました。

映画「帝都物語」レンタルしてしまいました。
加藤保憲見たさに!
アニメは無かった…。←(

はー資料、資料と、やっぱり明治、大正時代の将校服エエのうぅ!!
あのカーキ軍服たまんないわ!

て、映画の加藤の軍服黒いんですが!?
ありー、カーキの軍服は「帝都大戦」でしたか?
あれは借りたくないな、加藤出番少ないし
それに、看護婦な雪子は認められん!
やっぱり雪子は粋で気の強い、お水のおねぇさんでないと!!

秋葉さんは帝都大戦の芋虫加藤が忘れられないそうだ、
可哀相。←(頭部加藤、胴体腹中蟲超グロイ)
アタシも初めて観た時はビビったよ。
あのボディがいやん。
お陰で蚕の幼虫苦手です。


帝都は3〜4年に一度くらいブームが来ます。
お陰で飽きては原作売って、またハマって買い揃えるを繰り返してます。
売るなよ、と自分でも思うのですが、売る時は、もう読み尽くしたぜ!
もうハマらないぜ!!と自信満々です。

もうかれこれ三回目です。


この自分の何度も何度も同じヤツにハマルの何とかならないか。
後、とうの昔に連載終わった漫画に今更ハマルのはどうだろう?
まんだらけ行ってもなかなか見つけられないし、
サイト探しても激減してるし、
こっそりまんだらけで同人誌買ったら、
秋葉さんに速攻で見つかって呆れられるのね
アタシも呆れたいの、自分自身に!!

八月のインテで買えるかにゃ〜。←(原稿しろよ!)


posted by 徳蔵 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

喧嘩売ってる?

韓国の新しい映画で、
統一しようとする韓国と北朝鮮!だが日本はそれを阻止すべく暗躍する!
な感じのやつを製作中なんだと、喧嘩売ってるな韓国。

大体朝鮮半島が分裂したのは日本のせいだー!と一部の人は思い込んでいるらしいが、
冗談じゃござぁせん!!
なんで国が分かれたかって、おまいさん方が勝手に分裂したんじゃんか!!

頼むからこっちに色々いちゃモン付けんの辞めてくんねぇかな?
統一したら困るのは韓国だと思うんだが、
どうかな?

なんかアタシこう書いてると反朝みたいで嫌な奴ですよね?
勿論、向こうの人達全てが悪いんじゃなくて、個人としていい人もたくさんいる。
そこんとこは弁解しとく!
あれだ、あの国の思想って言うか、思考回路が嫌いなんだ。

だが、初対面あろうとも自分に都合が悪くなると暴れたり逆切れしたりするのを知ってしまうと何と言うか、呆れると言うか、うんざりと言うか。
疲れてしまうわけだ。
鬱火病って怖ろしい!!
なんか知れば知るほど嫌いになった。不思議。

何でもかんでも隠蔽したり、証拠隠滅したりするとやっぱり疲れるんだよな、
韓国には是非とも精神的ゆとりを持って欲しいよ。

あとある日本企業が技術提供しに行ったのに「もう立派に自分たちで作れるようになりました日本はもういいです」などとほざいて日本技術者を追い返した事があったが。←(ホント)
それではいけないな、やっぱりいくら嫌いな国だからってそんな態度はいけない。
やっぱり、
遠くからわざわざどうもすいませんでした。なんとか自分たちで出来る様になりました!
有難う。これからもヨロシク!

えっ卑屈っぽい?ノンノンそれは違うよ、卑屈と感じるのは君の心が貧しい証拠さ!もっと心を大らかに…。

これぐらい言えないと世界渡って行けないよ。
日本が嫌い嫌い言ってる割に、日本に就職したい人は多いそうな、
矛盾してね?


オスマントルコ帝国武力の征服と別に財力の征服てやつがあって、戦争して兵力を減らすより富を使って相手を従わせるんだそうだ。
高価な贈り物とかして戦争をせずに争いを治めたんだそうだ。←(トプカプ宮殿のエメラルドの短剣が有名)
頭使ってんなぁ。
posted by 徳蔵 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | TV/映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする